妊娠中期のマイナートラブル 妊娠中の症状と注意

妊娠中期のマイナートラブル

妊娠すると、赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになる反面、さまざまな不快な症状も出てきます。

 

妊娠初期に悩まされたつわりが治まる中期頃には、また別のマイナートラブルがやってきます。

 

次に、その症状をいくつか挙げてみます。

 

・妊娠線…妊娠が進んでくるとおなかや乳房、太ももなどに赤色っぽいみみず腫れのような腺が出ます。

 

妊娠線は妊婦の70〜80%に見られ、一度できると完全には消えませんが、お産が終われば線は白っぽくなり目立たなくなります。

 

急激な体重増加による脂肪の増加や、皮膚の乾燥などでできやすくなりますので、体重管理や皮膚の保湿で多少防ぐことはできます。

 

・体毛が濃くなる…妊娠により分泌量が増えたホルモンの影響で体毛が濃くなることがありますが、お産が終われば元に戻ります。

 

また、髪の毛がパサつく、抜け毛が目立つ、などの毛に関するトラブルも起こりやすくなります。

 

・皮膚のかゆみ…ホルモン分泌の変化により、肌が敏感になり、かゆみを感じる人が多くなります。

 

我慢できないときはお医者さんに相談しましょう。

 

・頭痛・肩こり…大きくなった子宮のせいで血行や姿勢が悪くなることや、出産への不安などから頭痛や肩こりがひどくなるママもいます。

 

適度な運動や入浴で血行をよくし、ストレスを解消すると、痛みがやわらぎます。

 

・しみ・そばかす…ホルモンバランスの変化で、しみやそばかすができやすくなる人もいます。

 

帽子や日焼け止めで、普段から日焼け防止に心がけましょう。

 

・めまい・立ちくらみ…大きくなった子宮に圧迫されて血行が悪くなり、急に立ち上がったときに脳に流れる血液が一時的に不足し、めまいや立ちくらみを感じることがあります。

 

ゆっくりペースで動くことが大切です。