妊娠7ヶ月(24〜27週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠7ヶ月(24〜27週)ママの体

妊娠に気付いてからおよそ半年が経ち、妊娠中期も最期の月になります。

 

子宮はおへその上まで大きくなり、子宮底も23〜26cmほどになるので、下腹部だけでなくウエストまわりも重く感じるようになります。

 

赤ちゃんがおなかを蹴ったり、ぐるんと回転する動きなど、頻繁に感じるようになります。

 

この頃には、おなかの外から触っても胎動がわかるくらい強くなります。
パパが待っていた感覚がやっと感じられます。

 

たくさんおなかをなでで、たくさん話しかけてあげてくださいね。

 

一方で、おなかが大きくなったことで起こるマイナートラブルに悩まされるママも増えてきます。

 

たとえば静脈瘤もそのひとつで、ふくらはぎや太ももの内側、外陰部などの血管がこぶのようにふくらみます。

 

また、おなかやバストの皮膚が引き伸ばされることで、妊娠線が現れることもあります。

 

静脈瘤や妊娠線は、痛みがあったり、見た目が気になりますが、妊娠にともなう生理的な変化ですので、お産が終われば、ほとんど気にならない程度に改善されます。

 

そのほかにも便秘や立ちくらみ、足のむくみなどがひどくなったり、仰向けに寝るのが苦しくなってきます。

 

腰や背中が痛く、仰向けに寝るのが苦しいときは、体の左側を下にして、シムスの体位をとりましょう。

 

ひざにクッションをあてると、体が安定します。

 

妊娠中期を過ぎる頃から、おなかの張りを感じる人も増えてきます。
ママが感じるおなかの張りは子宮の収縮です。

 

座ったり横になると治まる張りなら心配いりませんが、安静にしても張りが続くときは、お医者さんに診てもらってください。