妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子 妊娠中の症状と注意

妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子

妊娠6ヶ月になると、大きくせり出したママのおなかからもわかるように、赤ちゃんはどんどん大きくなり、妊娠23週頃には身長(頭殿長)約30cm、体重約650gにまで成長しています。

 

そのため、妊婦健診時の超音波の画面にも全身が写らなくなります。

 

しかし、頭と手のアップを見ることができたり、手をグーにしているとか指の形まで見ることができるようになります。

 

この頃の赤ちゃんは子宮の壁を蹴ったり、両足のつま先をくっつけたり、羊水の中で活発に動き回ります。

 

妊娠16週頃には赤ちゃんがまだ小さく、元気に動いていてもママには気付きにくかったのですが、妊娠20週頃からは動きが力強くダイナミックになり、感じる胎動もより強くなってきます。

 

しかしこの頃はまだ赤ちゃんの位置が定まっていないので、健診時に逆子になっていることもよくあります。
多くは今後、頭を下に向けた頭位に戻ります。

 

顔にはまゆ毛やまつ毛が生え始め、髪の毛も濃くなってきます。
口の中には、将来、乳歯となって生えてくる部分が形作られます。

 

皮膚の神経や聴覚、味覚、嗅覚などの感覚がさらに発達します。
手のしわや指紋のもとになる隆起も盛り上がってきます。

 

消化機能も発達し、羊水を飲んでおしっこをしますが、胎児のおしっこは水のようできれいです。

 

また卵巣や精巣が発達し、下垂体などからのホルモン分泌も盛んになり、外性器の形もはっきりとしてきます。

 

妊娠したとき、すでに赤ちゃんの性別は決まっているのですが、この頃になってやっと超音波映像で確認できるようになります。

 

しかし超音波映像により性別を知ることができても、その結果が100%確実とはいえません。

 

また赤ちゃんの位置や姿勢によっては、外性器部分を確認することができないこともあります。

 

赤ちゃんの性別を知りたいママにとっては、また次回の健診までのお楽しみ、ですね。