腰痛を予防するために 妊娠中の症状と注意

腰痛を予防するために

妊娠中期に入ると、大きくなったおなかを支えるために、背骨が反り返ったカーブになり、腰に負担がかかりやすくなります。

 

また、ホルモンの影響で、背骨や骨盤の関節がゆるみ、体の重みを支える力が弱くなっていることも腰痛の原因になります。

 

妊娠にともなう生理的な変化なので、残念ながら、産後まで腰痛がすっきり解消されることはありません。

 

むしろ、これからさらにおなかが大きくなるので、痛みが増すことがあります。

 

そこで今のうちから正しい姿勢を保ち、適度な運動で血行をうながして、腰への負担をできるだけ減らすようにしましょう。

 

長時間、同じ姿勢を続けるのは避け、疲れたら横になって休むことも大切。

 

妊娠中も仕事を続けているママはなかなか横になるのは難しいですが、上司に相談して休憩を小分けにしてとるなど、無理のないかたちで働けるといいですね。

 

楽な姿勢でも痛みが続くときは、椎間板ヘルニアなど他の病気の心配があるので、お医者さんに相談しましょう。

 

腰痛をひどくさせないための日常生活でのいくつかの注意点を以下に挙げておきます。

 

・料理のとき…立ち続けず、時々いすに座って休んだり、低い台に片足を交互に乗せると筋肉の緊張がやわらぎます。

 

・掃除のとき…掃除機は柄の長さを調節して片手で持つと、背筋が伸びて腰が楽になります。

 

・いすに座るとき…背もたれに背をつけ、深く腰掛けます。

 

・階段の上り下り…猫背にならないよう背筋を伸ばし、重心を片足にしっかり乗せてから、もう一方の足を動かしてください。

 

・床に座るとき…アイロンがけなど、床に座るときも、台の高さを調節してまっすぐな姿勢を保ってください。

 

また、ネコのようによつ這いの姿勢で背中を丸めたり背骨を反らしたりを繰り返すストレッチや、仰向けに寝て両ひざを立て、握りこぶしで腰の気持ちよい部分を押しながら両ひざを左右交互に倒して腰をひねる体操も、腰痛をやわらげる効果があります。