妊娠6ヶ月(20〜23週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠6ヶ月(20〜23週)ママの体

妊娠がわかった時には見た目にもまったくわからなかった体型が、たった数ヶ月ですっかり妊婦さんの姿になってきます。

 

妊娠6ヶ月になると、子宮は大人の頭よりひと回り大きくなり、子宮底もおへその辺りまで達します。

 

前にせり出すように大きくなった子宮を支えるため、ママの体は反り返った姿勢になります。

 

そのせいで、背中の痛みや腰痛、足がつるなどのマイナートラブルに悩ませるママが増えてきます。

 

これらの症状をやわらげるには、体を動かして血行をよくすることが大切です。
運動は体重のコントロールにも役立ちます。

 

また妊娠すると乳腺葉(乳腺)が発達し、脂肪がついて乳房が大きくなります。

 

母乳が本格的に分泌するのは産後ですが、準備は妊娠中から始まっているのです。

 

この頃は、母乳を作るホルモンであるプロラクチンが分泌されるので、乳頭から半透明の乳汁がにじみ出てくる人もいます。

 

妊娠中に、パパとママ二人の思い出作りに旅行をするなら、体調が安定している中期のうちがよいでしょう。

 

移動や日程に無理のない近場がおすすめです。

 

母子手帳、健康保険証、かかりつけの病院の連絡先、生理用ナプキン、動きやすい服装、はきなれた靴、の準備をお忘れなく。

 

また、念のため、出発前に診察を受けておくと安心です。

 

妊娠中期に入ったママを対象に母親学級や両親学級を開催する病院や保健所などがあります。

 

両親学級についてはパパも参加できますので、ぜひ受講し、妊娠や出産の正しい知識、新生児のお世話などを夫婦一緒に学んでほしいと思います。

 

皇潤 口コミ 効果 柑気楼