妊娠中の食事について 妊娠中の症状と注意

妊娠中の食事について

早い人では妊娠がわかったその日から数ヶ月にわたって耐えてきたつわりのつらさ。

 

胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってくるのが妊娠5〜6ヶ月頃です。

 

しかし何でも食べられるようになった反面、これからのために食生活に気を付けないといけない時期なのです。

 

おなかに赤ちゃんがいるからといって、妊娠前の2倍の量を食べる必要はありません。

 

それより出産トラブルを避けるためにカロリーや塩分を控えるべきです。

 

どちらも多く摂り過ぎると妊娠高血圧症などの病気の原因になり、出産に影響してしまいます。

 

そのほか、できれば避けたいものに次のようなものがあります。

 

・カフェイン…血管を収縮させるため、赤ちゃんへの酸素や栄養の供給に支障が考えられます。
コーヒーを1日に1杯飲む程度ならそう影響はありませんが、飲み物はほうじ茶や麦茶にするのがベターです。

 

・一部の魚…メカジキやキンメダイは水銀の蓄積が多いため、週2回程度までにしたほうがよいです。

 

・添加物や農薬…妊娠していなくてもそうですが、できるだけ含まれていない食品を選びたいものです。

 

・アレルゲン食材…同じ食材や食品ばかりを毎日大量に食べていると、アレルギー体質になる可能性があります。
バランスよくいろいろな食材を摂りましょう。

 

積極的に摂りたい栄養素には次のようなものがあります。

 

・葉酸…妊婦向けに葉酸のサプリメントが市販されているくらい、葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。
特に妊娠初期の赤ちゃんには不可欠です。
海藻や緑黄色野菜、レバーなどを積極的にメニューに加えたいものです。

 

・ビタミンB群…不足すると疲れやすくなったり肥満に拍車がかかったりします。
互いに相乗効果があるので、B群全体の摂取を心がけてください。
発芽玄米、魚、レバー、豚肉、納豆などに多く含まれます。

 

・鉄…ママの貧血予防と赤ちゃんの成長に必要で、妊娠前の3倍必要になります。
アサリ、ひじき、納豆、小松菜。そら豆などに含まれます。

 

・ヨウ素…海藻類や魚介類に含まれ、たんぱく質や脂肪の代謝をよくする栄養素です。