妊娠5ヶ月(16〜19週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠5ヶ月(16〜19週)ママの体

妊娠5ヶ月は中期にあたり、胎盤も完成して、いわゆる「安定期」に入ります。

 

子宮は大人の頭くらいの大きさになり、ママは見た目にもふっくらしたおなかの妊婦さん体型になってきます。

 

この頃から妊婦健診で、子宮の大きさを調べるために子宮底長と腹囲を測り始めます。

 

子宮底長は、足を伸ばした仰向けの姿勢で、恥骨の上から子宮底(子宮の一番上の部分)までの長さをメジャーで測ります。

 

腹囲はおへその上のおなかの一番大きいところにメジャーをまわし、おなかまわりの長さを測ります。

 

また、18週頃から胎動(おなかの赤ちゃんの動き)を感じ始める人も出てきます。

 

経産婦(妊娠が2回目以降の妊婦)の場合はもう少し早く、16週頃から胎動を感じる人がいます。

 

胎動の感じ方には個人差があり、おなかの中で空気の泡がポコポコと動く感じ、だとか、おなかの中をスーッとなでられている感じなど、いろいろです。

 

また、一般に太っている人よりもやせている人のほうが感じやすいとも言われています。

 

ただしこの時期はまだ赤ちゃんの体重も軽く、動いても母体に響きにくいので、5ヶ月末頃まで感じない人もいます。

 

超音波映像で赤ちゃんの元気な様子が確認できれば、胎動を感じるのがゆっくりであっても心配することはありません。

 

この頃はおなかだけでなく乳房も大きくなり、ウエスト辺りにも皮下脂肪がついて、全体的にふっくらとしてきます。

 

妊娠前の下着がきつく感じてきたら、マタニティー用の下着にそろそろ替える時期です。

 

成長するバストやおなかをやさしく、それでいてしっかりとサポートしてくれるものを選びましょう。

 

皇潤 柑気楼 薬用凌駕 口コミ