妊娠中の体重管理 妊娠中の症状と注意

妊娠中の体重管理について

妊娠すると、体重が増えるきっかけがたくさんあります。

 

まず、何か食べないと気持ち悪くなってしまう食べづわり、つわりが終わった後の反動、ストレスで食欲増進、そして周囲からもっと食べるように促されたり運動不足が重なって…

 

そのうえ、妊娠するとママの体や赤ちゃんを守る本能が働いて、エネルギーをため込もうとする体質に変化してしまうのです。

 

体重管理が難しいのも当然といえばそうなのです。

 

とはいえ、必要以上に太ると、さまざまな問題が出てくるのです。

 

妊娠中には腰痛が起こりやすくなったり、妊娠線ができやすくなったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にもかかりやすくなります。

 

また、産道に脂肪がついて狭くなり、難産になる引き金になりかねません。
出産時に微弱陣痛にもなりやすいといわれています。

 

体重増加はどこまでOKか、というと、病院で厳しく管理されるところ、妊婦さん本人に任せているところとさまざまですが、基本的に、妊娠時点で標準体重だった人は+10kgまで、やせ過ぎだった人は+12kgまで、太りすぎだった人は+8kgまで、と目安にするとよいでしょう。

 

胎児・胎盤・羊水で約4kg、ママの血液・水分・子宮や乳房の増加分で約3.3kg、それ以上の増加はママの皮下脂肪などです。

 

妊娠中の食事は、栄養バランス、減塩、低カロリーを心がけるようにしましょう。

 

また、つわりが治まって気分も晴れ晴れ、食欲も晴れ晴れ…と間食を増やしてしまわないよう、そしておなかが大きくても経過が順調なら適度に体を動かすなど、小さな努力を積み重ねて、体重をしっかり管理していきましょう。