妊娠4ヶ月(12〜15週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠4ヶ月(12〜15週)ママの体

妊娠4ヶ月に入ると、つわりもひと段落してくる人も多いです。

 

基礎体温も下がって低温期に入るので、眠気やだるさが治まり、妊娠生活を楽しむ余裕も出てくる頃です。

 

ただ、つわりの程度には個人差があるので、もう少し長引く人もいます。
もうしばらくの我慢です。

 

子宮は子どもの頭くらいの大きさになり、これは恥骨の上に出るくらいの大きさなので、外からもおなかのふくらみがわかるようになります。

 

妊娠する前に着ていたスカートやジーンズがきつく感じるようになる人もいるでしょう。

 

妊娠15週頃までには胎盤が完成し、流産の可能性がぐっと低くなります。

 

体調がよい時には適度に体を動かすことが大切です。
そして太りすぎの予防とストレス解消に心がけましょう。

 

つわりが終わって食事にも気を配れるようになったら、カロリーコントロールと便秘予防のため、考えて献立を立てるようにしましょう。

 

もともと女性は月経の影響で貧血ぎみですが、妊娠すると血液の量が増えて水っぽくなるため、鉄が不足してさらに貧血がひどくなります。

 

貧血がひどくなると体力が低下したり、出産時の出血が多くなったり、産後の子宮の回復が遅れるなどの心配がありますので、積極的に鉄分の多い食品を摂るようにしましょう。

 

ただし、ママが貧血でも赤ちゃんにはほとんど影響はありません。

 

赤ちゃんは自分の血液を作るために、優先的にママの鉄分を摂取しているからです。

 

食事からの鉄分補給だけでは貧血が改善しないときは、お医者さんが鉄剤を処方してくれます。

 

皇潤 シーフコイダン 通販 口コミ効果