妊娠初期のトラブル 妊娠中の症状と注意

妊娠初期のトラブル

妊娠初期にあたる4ヶ月までは、何かと心配も多い時期です。
特に心配されるのが、流産と切迫流産でしょう。

 

流産とは妊娠22週未満に子宮内で赤ちゃんが育たずに、妊娠が中断することをいいます。

 

全妊娠の10〜15%に起こり、妊娠12週未満では胎児側、12週以降では母体側に原因がある場合が多いのですが、はっきりとした原因がわからないこともあります。

 

流産してしまったら、次の妊娠の妨げにならないよう、手術などで胎児や胎盤などを子宮から完全に取り出します。

 

その後はお医者さんの許可を待って、性生活を開始します。

 

完全に妊娠が中断してしまう流産に対し、切迫流産は、出血やおなかの張りなど、流産の兆候はあるものの、妊娠は継続している状態をいいます。

 

流産の兆候が治まれば、その後の赤ちゃんの成長に影響はほとんどありません。

 

切迫流産のおもな自覚症状は、生理痛のような下腹部の痛みやおなかの張り、だらだらと続く少量の出血などがありますが、超音波検査で赤ちゃんの心拍を確認するなどしないと、正確なことはわかりません。

 

切迫流産と診断されたら、止血剤や子宮収縮抑制剤を処方される場合もありますが、まず第一は症状が治まるように安静にします。

 

出血がひどい場合は入院を勧められるケースもあります。
症状がなくなれば、普通の生活が可能です。

 

このほかに妊娠初期で気になるトラブルが、子宮外妊娠です。

 

これは受精卵が卵管や卵巣など、子宮ではないところに着床してしまうことです。

 

尿検査などで妊娠反応は出るのに、超音波検査で胎嚢が確認できない場合は、子宮外妊娠の可能性があります。

 

妊娠4〜6週頃に血の混じったおりものや突然の激しい下腹部痛が起きるのが特徴です。

 

卵管に着床した場合、自然に流産することもありますが、妊娠8〜9週になるまで放っておくと、胎児がその場所では成長しきれなくなって卵管破裂を起こすこともあります。

 

早期発見するためにも、自分で検査薬を使って妊娠反応が出たら、すぐに産婦人科で診察を受けることが大切です。