つわりの症状 妊娠中の症状と注意

つわりの症状について

早い人では、妊娠がわかったときからつわりの症状を感じ始めることがあります。
おもな症状に次のようなものがあります。

 

・吐き気や嘔吐…胃がむかむかして吐き気が続いたり、食後に吐いたりします。
・食欲不振…吐き気のために食欲が落ちたり、食べ物の好みが変わったりします。
・常に眠い、だるい…体が重く感じたり、寝不足ではないのに眠気を感じたりします。
・空腹時のむかつき…お腹がすくと気持ち悪くなり、少し食べると落ち着きます。
・においに敏感になる…臭覚が敏感になり、食べ物のにおいで吐き気をもよおすこともあります。
・唾液がたまる…つわりの初期に、唾液が口の中にたまり、気持ち悪さを感じることがあります。

 

つわりの原因はよくわかっていませんが、妊娠によるホルモンの分泌量の急激な変化や、精神的なストレスが関係しているのではないかと考えられています。

 

上に挙げたように、おもに胃腸に症状が出ますが、眠気やだるさ、頭痛などを感じる人もいます。

 

つわりは一般的に妊娠3ヶ月頃にピークを迎え、その後少しずつ楽になっていきます。
その間は、無理せず食べられるものだけ食べて過ごしても大丈夫です。

 

ママがちゃんと食べていなくても、赤ちゃんは優先的に栄養をもらって育っているので心配する必要はありません。

 

ただ、1日に何度も吐いて食事がほとんど食べられない、体重が1週間で1、2kg減ってしまう、尿が出ない、水を飲んでも吐く、などの重い症状があった場合は治療が必要なこともあるので、産婦人科を受診してください。

 

つわりの時期を乗り切るにはいろいろなコツがあります。
まず脱水症状を防ぐため、水分はこまめにとるよう心がけましょう。

 

また、寝起きの空腹時に気持ち悪くなる人が多いようですが、枕元に小さいおにぎりやミニトマトなど準備して寝るのもひとつの方法です。

 

ただし、食べ物が傷みやすい季節には気をつけてくださいね。

 

においに敏感になった人は、料理を冷やすとにおいがやわらぎ、また喉越しもよくなって食べやすくなります。

 

ローカロリーの飴やガム、おせんべいなどを携帯し、お腹がすいたら食べるようにします。

 

食事は1回の量を減らして、1日に何度にも分けて食べるようにします。
調理をするのがつらいという人もいます。

 

そんなときは、実家のお母さんに頼ったり、パパにお願いしてスーパーのお惣菜を買ってきてもらうのもよいと思います。

 

妊娠を経験しているお母さんは、強い見方です。

 

家族につわりのつらさを理解してもらい、協力を得て、家族皆で赤ちゃんの成長を楽しみにできるとよいですね。