妊娠したいと思ったら…妊娠中の症状と注意

妊娠したいと思ったら、気にかけること

計画的に「そろそろ妊娠したいなぁ」と思ったら、いくつか気にかけておくとよいことがあります。

 

まず基礎体温ですが、これは排卵日を知る手がかりにもなりますが、毎日測ることで自分の体調をチェックしたり把握したりするのにも役立ちます。

 

基礎体温とは安静時(おもに起床時に床の中で)に口の中で測る体温です。

 

女性は月経周期に合わせて、基礎体温が低温期と高温期に分かれます。

 

月経から排卵までは低温期が続き、排卵日はさらにコトンと体温が下がります。

 

排卵日の翌日から高温期に入り、妊娠しなかった場合は予定月経の頃に体温が下がり、月経開始となります。

 

しかし妊娠した場合は、予定月経頃になっても高温期が続きます。

 

基礎体温は、妊娠中のトラブルを見つけるのにも役立ちますので、妊娠した場合でもつけ続けるとよいと思います。

 

次に妊娠前にチェックしておきたい病気に以下のようなものがあります。

 

・風疹

 

妊娠初期に感染すると、胎児に視力や聴力の異常や心臓疾患などの障害を起こす心配があります。
妊娠前に抗体の有無を確認し、抗体がない場合はワクチン接種を受け、その後2ヶ月間は避妊するなどの対応をとります。

 

・貧血

 

妊娠すると血液の循環量が増え、貧血ぎみになります。
もともと貧血の人は、妊娠するとさらにひどくなりますので、妊娠前から改善する努力をしましょう。

 

・子宮筋腫

 

子宮内に筋肉のこぶのようなものができる病気で、こぶの位置によって受精卵が着床しにくいことから、不妊や初期流産の原因になることがあります。
月経痛がひどかったり、妊娠しにくいときは、病院で調べてもらうとよいかと思います。

 

・虫歯

 

妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりの影響で、虫歯や歯周病が悪化することが多いです。
またお腹が大きくなると、歯医者さんでの治療を受けるのも大変になってきますので、妊娠前に歯の病気は治しておきましょう。

 

・性感染症

 

梅毒や淋病、エイズなど、ママだけでなく赤ちゃんにも大きな影響を与える病気があります。
妊娠前にパパと一緒に検査を受け、必要があれば治療しましょう。

 

・はしか…妊娠中の感染は、ごく初期に流産の心配があります。

 

また、大人の感染は重症化しやすいため、妊娠前に感染の有無を調べておきましょう。

 

このほか基本的なことですが、食生活や睡眠、運動などに気を配り、安定した妊娠生活を送るために、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。