早産と切迫早産 妊娠中の症状と注意

早産と切迫早産

妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつに、早産と切迫早産があります。

 

早産とは、赤ちゃんがまだ未熟な妊娠22週〜37週未満にお産が始まることをいいます。

 

早産は、妊娠月数が満ちていないだけであって、お産の始まりは普通の分娩と同じです。

 

産後、赤ちゃんの成熟度に合わせた治療が必要になってきます。

 

場合によってはNICU(新生児集中治療室)の整った病院へ転送されることもあります。

 

赤ちゃんが自分の力で生きられるようになるまで、保育器に入って過ごします。

 

それに対して切迫早産とは、妊娠が継続しているものの、22週〜37週未満に規則的な子宮収縮(陣痛)が続いたり、子宮口が開く前兆として子宮頸管が短くなったり、子宮口が開いたり、早産の兆候がある場合をいいます。

 

そのままお産が始まらないように、安静を第一に過ごします。

 

お医者さんの指示に従って、自宅で、または入院して、早産の兆候がなくなるまで横になって過ごします。

 

必要に応じて、子宮収縮抑制剤を服用したり、点滴による治療が行なわれます。

 

少しでも早く対応するため、「規則的なおなかの張りが続く」「出血がある」「おなかや腰に痛みを感じる」「破水した(あるいは、したかもしれない)」という時には、すぐ病院に連絡をとって受診してください。

 

早産の原因は、ママ側としてB群溶連菌やクラミジアなどによる感染症、子宮の形の異常、子宮頸管無力症、前置胎盤や羊水過多、赤ちゃん側として逆子の場合、多胎妊娠の場合、などがあるといわれています。

 

しかし、どれにも当てはまっていなくても、早産の兆候があらわれることもあります。

 

早産を避けるために、頻繁におなかが張る人は運動のし過ぎに注意したり、妊娠高血圧症候群などの合併症にならないように体重の増えすぎや塩分の摂りすぎに気をつけてください。