妊娠1ヶ月(0〜3週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠1ヶ月(0〜3週)ママの体

「あれ、毎月ちゃんとくるはずの生理がこない。」

 

予定より1週間ほど生理が遅れて、自分で妊娠検査薬を使って検査をし、陽性反応が出て産婦人科を受診したとします。

 

そこでお医者さんから、

 

 「妊娠5週です」

 

と言われると、

 

 「えっ?妊娠してもう5週間経ってるの?」

 

と驚く人も、中にはいるようです。

 

妊娠週数の数え方は、特に初めての妊娠で、初期の段階はわかりにくく感じるようです。

 

妊娠0週0日というのは、最終月経が始まった日、つまり妊娠0週は月経中ということになります。

 

月経が終わると、ママの体内では卵巣で卵子が育ち始め、子宮内膜が少しずつ厚くなり、妊娠が可能な環境になります。

 

月経28日周期の人では、最終月経開始から14日頃に排卵が起こります。

 

この前後に性交があり、パパの精子とママの卵子が出会い、受精すると受精卵が誕生します。

 

ママの卵管で誕生したこの受精卵は、その後、細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動します。

 

そして受精から約1週間後、子宮内膜に着床すると、妊娠が成立します。

 

妊娠週数でいうと、妊娠3週頃に妊娠した状態になるのです。

 

しかしこの頃のママには、はっきりとした妊娠の自覚症状はありません。

 

でも妊娠を継続させるために、女性ホルモンなどさまざまなホルモンが活発に分泌されるようになります。

 

このホルモン環境の変化により、ママの体にあらわれてくるサインもあります。

 

いらいらする、いつも眠く感じる、肌が荒れる、おりものが増える、乳房が張る、便秘がちになる、吐き気がする、などです。

 

感じ方はひとそれぞれ違うものですが、妊娠のサインとして知っておくとよいかと思います。

 

リセで二重まぶた 髪育習慣 リバイオ