妊娠9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんの様子 妊娠中の症状と注意

妊娠9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠が判明した日からおよそ7ヶ月間、マタニティーライフを楽しんできましたか?

 

おなかもすっかり大きくなって、おなかの赤ちゃんとも楽しくコミュニケーションがとれるようになっていることでしょう。

 

妊娠9ヶ月(32〜35週)頃の赤ちゃんは、見た目にはもう新生児とそう変わりません。

 

手足は活発に動かしますが、子宮の中で回れないくらい体は大きくなっています。

 

妊娠9ヶ月の始めである32週頃には自律神経が成熟し、交感神経と副交感神経のバランスがとれ、心拍や呼吸、体温調節の働きが整ってきます。

 

ただ、まだ完全ではないので、もう少しおなかの中にいたほうが、産後スムーズに胎外生活が送れます。
35週になると、肺と腎臓の機能が完成してきます。

 

そして妊娠の最終月である10ヶ月(36〜39週)に入ると、心臓や呼吸器などの器官が成熟し、出産のスタートに向けて赤ちゃんも準備を開始します。

 

頭を下にして、ママの骨盤の中に降りてきます。

 

子宮が窮屈になってきたので、赤ちゃんは両腕をぴったり胸につけ、あごをひき、ひざから曲げた両足をおなかに引き寄せたコンパクトな姿勢になります。

 

一般に39週の赤ちゃんの体重は3000〜3100gといわれていますが、個人差が大きいです。

 

おなかにいるときの推定体重は、超音波で診たBPD(頭の横幅)、FL(太ももの骨の長さ)、FTA(腹部の前後幅と横幅)を計算式に当てはめて調べますが、実際の体重とは誤差があります。

 

誕生直前の赤ちゃんと新生児の違いは、肺呼吸をしているかどうかです。

 

胎児の肺機能は35週頃から急速に成熟し、37週では肺呼吸が十分可能になります。

 

おなかの中で、驚くほどのスピードで成長を遂げてきた赤ちゃん、ママと一緒に出産を乗り越え、ママに抱っこしてもらえる日もすぐそこですね。