妊娠9ヶ月(32〜35週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠9ヶ月(32〜35週)ママの体

妊娠35週になると、子宮底長はやく31cmになり、みぞおちあたりまで達します。

 

これは妊娠の期間中でもっとも高くなる時期で、そのため大きなおなかを抱える大変さをいちばん感じるのが9ヶ月といえます。

 

心臓や肺も圧迫されるため、動悸や息切れがひどくなったり、胃のむかつきもピークを迎えます。

 

膀胱も圧迫されるので、トイレの回数が増えてきます。
また、くしゃみやせきをすると少量の尿がもれることもあるでしょう。

 

出産の準備も始まり、膣や子宮口が柔らかくなってきます。

 

そのため、おりものがさらに増えたり、外陰部に腫れぼったい圧迫感を感じることもあります。

 

血液の循環量がさらに増え、夕方になるとむくみで靴がきつくなったり、足首が太くなる人もいます。

 

この頃になると出産も間近ということもあり、特に初めての妊娠の場合は、不安や緊張の日々を過ごしている人もいることでしょう。

 

出産を乗り越える大きな力になるのは「赤ちゃんに会いたい」というママの前向きな気持ちです。

 

出産の知識を身につけておくと、不安を減らすことができ、出産が楽しみになってきます。

 

妊娠9ヶ月に入ったら、陣痛を乗り切るリラックス法を練習しておくとよいでしょう。

 

長時間の分娩を乗り切るには、上手にリラックスして、心身の負担をできるだけ軽くすることがコツなのです。

 

また、腰の痛みのやわらげ方として、仰向けの状態で握りこぶしを腰にあて、腹式呼吸で吸う時に押し、吐くときに力を抜く方法もあります。

 

呼吸の仕方やマッサージ、力の抜き方など、リラックスする方法を助産師さんに相談してアドバイスをもらうなどして、出産をイメージしながら練習をしてみてください。