妊娠8ヶ月(28〜31週)赤ちゃんの様子 妊娠中の症状と注意

妊娠8ヶ月(28〜31週)赤ちゃんの様子

妊娠8ヶ月の頃の赤ちゃんは、身長(頭殿長)約40cm、体重約1500gにまで成長しています。

 

妊娠28週を過ぎると、心臓や腎臓、骨髄など、赤ちゃんが自力で生きていくための器官の機能がほぼ完成します。

 

出生後の肺呼吸の練習として、まるで呼吸しているように定期的に肺をふくらませる様子も見られます。

 

万が一、早産になったとしても、適切な低体重児医療を受ければ育つ可能性がかなり高くなりました。

 

ただし、肺は呼吸に似た動きを始めたものの、まだ未熟な状態です。
そのため、もうしばらくはママのおなかの中で育つ必要があります。

 

赤ちゃんには皮下脂肪がつき、体がさらに大きくなり、だんだん子宮が窮屈になってきます。

 

活発に体を回転させようとする赤ちゃんもいますが、頭を下にする「頭位」の姿勢になる赤ちゃんが増えてきます。

 

この時点で逆子の赤ちゃんもいますが、妊娠9ヶ月で自然に頭位に戻ることがあるので、早くからあまり心配することはありません。

 

最終的に逆子で出産を迎えることになる人は、全体の3〜5%程度といわれています。

 

逆子を治すための体操として、両膝と胸を床につけ、おしりを高く持ち上げる胸膝位を5〜10分保つ方法があります。

 

いわゆる「逆子体操」ですが、行なうにはお医者さんの許可をもらい、おなかが張ったらやめてください。

 

また、逆子治療に鍼灸を取り入れている産院もあるようです。

 

鍼灸は逆子を治すだけでなく、安産や産後の回復にも効果があるそうで、副作用のない方法として、妊娠をきっかけに鍼灸を初体験する人の話もよく聞かれます。