妊娠8ヶ月(28〜31週)ママの体 妊娠中の症状と注意

妊娠8ヶ月(28〜31週)ママの体

妊娠28週からは、妊娠後期に入ります。
子宮底長は、31週には約26〜29cmになり、おへそとみぞおちの中間くらいまで達します。

 

足元が見えにくいくらいおなかが大きくなるので、特に階段の上り下りなど、注意が必要です。

 

また「靴下が履きにくい」ことを実感するママも多いことでしょう。

 

この頃は、大きくなった子宮が心臓や胃を押し上げるため、動悸や息切れ、胃もたれを感じやすくなります。

 

また下腹部や足のつけ根に重苦しさや痛みを感じることもあります。

 

妊娠にともなう症状とはいえ、体に負担がかかっているサインですから、無理をせず休みましょう。

 

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の心配も高まってきます。
一日中むくんでいるときは要注意なので、お医者さんに相談してください。

 

また、夕方から夜にかけて、おなかが張り、硬くなる回数も増えます。

 

休むと治まるものであれば、妊娠にともなう生理的なものなので心配ありませんが、ずっと張りが続いている、定期的に張りがやってくる、などの場合は受診してください。

 

それが早産の兆候であってもなくても、ひとりで心配せず、お医者さんに診てもらえば安心です。

 

また、後期に入ったこの時期から、そろそろ赤ちゃんにつける名前を相談しておきましょう。

 

「生まれて顔を見てから決める」という人もいるでしょうが、いざとなってあわてないように、男女両方の名前の候補をいくつか考えておくとよいかと思います。

 

名前に使えない漢字も法律で決められていますので、名づけの本などで調べておくとよいです。

 

パパも一緒に、赤ちゃんがいる暮らしをイメージして、赤ちゃんを迎える準備をしていってくださいね。