便秘と痔の予防 妊娠中の症状と注意

便秘と痔の予防

妊娠すると、便秘がひどくなる人が増えます。

 

それは、妊娠を継続させるために増える黄体ホルモンが腸の動きを抑えたり、大きくなった子宮が腸を圧迫して動きを妨げたりするからです。

 

また、運動不足や野菜不足の食生活も、便秘を悪化させる原因になります。

 

解消法として次のような方法があります。

 

・食物繊維をたくさん摂る…ほどよい柔らかさと量の便を作り、腸内環境を整える食物繊維を1日20〜25gを目標に摂ります。

 

・適度な運動をする…腸の動きを刺激するため、毎日ウォーキングなどで適度に体を動かすことも必要です。

 

・ヨーグルトを食べる…ヨーグルトに含まれる乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境をよくします。

 

・水分を1日1〜2L摂る…水分が不足すると、便が硬くなり、便通が悪くなります。
食事で摂る分も含めて、1日1〜2Lを目標に水分補給をしてください。

 

・決まった時間にトイレに行く…毎日、出ても出なくても同じ時間帯にトイレに行きましょう。
便意を感じやすくなります。
しかし、いろいろ試しても苦しいときは、自己判断で市販の便秘薬や浣腸を使わず、必ずお医者さんに相談してください。

 

また、便秘がひどくなると、肛門の粘膜が傷ついて出血したり、静脈が圧迫されてうっ血し、こぶができます。
これが痔です。

 

放っておくと悪化するので、早めにお医者さんに相談してください。
座薬など、妊娠に影響しない薬を処方してもらえます。

 

また、普段から、立ちっぱなしは避ける、お風呂で血行を促進する、排便時に無理にいきまない、排便後はシャワートイレで清潔を保つ、など痔の予防に努めることも大切です。